agaの治療を継続して行うことについて

agaの治療は、薬を毎日、長期的に飲み続けたり塗布することが必要になります。あるいは、それが好かなければ植毛という手術によって、外科的なAGA血量を行うことも可能です。

もしかしたらその抜け毛は、ビオチンが不足しているためかもしれません。
ビオチンというのは、ビタミンBの仲間でビタミンB7の名前もある水溶性ビタミンです。
タンパク質の合成、アミノ酸の代謝に関与するので、不足が起こると抜け毛や白髪の増加に、驚くことになるでしょう。

というのも、髪はタンパク質でできており、タンパク質は20種類ほどのアミノ酸で構成されているものだからです。なので、タンパク質やアミノ酸の正常な働きに必要な、ビオチンが不足してしまうと、髪の毛を構成する物質が不足するということですから、これは髪にとって大きなダメージです。

これ程までに大事な栄養素ですが、普通に生活している分には、そうそう欠乏することはありません。
AGA治療と病院で

ただし、極端に偏った食事を続けていたり、ビオチンを生み出す腸内細菌叢に、何らかの深刻な異常が起きることで、欠乏することも考えられますから何か思い当たることがあれば改善を試みて、卵黄やレバーなどの食物や、サプリで摂取してみてください。

近年は男性型脱毛症に対する研究が進み、タイプに応じた治療や育毛方法を積極的に選ぶ人が多くなりました。そうしたなかには、ミノキシジルや髪に良い有効成分の配合液などを「注射」するという方法を選んでいる人もいます。
クリニックで行うため効果が客観的に判断できますし、錠剤などで摂取するのに比べると注射というのは格段に吸収率が高く、早いうちから育毛効果が感じられた人も多く、効果を実感しやすいようです。

ハッキリ言って植毛は高額です。高額であるがために、植毛を躊躇してしまう人はいると思います。植毛は100万円の単位でかかりますからね。一方、投薬の治療であれば、1回の治療は1万円〜数万円となります。この方が払いやすいと思われます。